既存のクロスに飽きたら張り替えして気分をあげよう

作業員
  1. ホーム
  2. 床を長持ちさせる工事

床を長持ちさせる工事

フローリング

フローリング材を保護

フローリングの床は畳のように湿気がこもらず、常に清潔感を保てるというメリットを持っています。ただその一方で、フローリングはそのままだと傷みや汚れに弱いという課題もあります。椅子やテーブルを少しずらしただけで傷がついてしまうことがありますし、子供がクレヨンでいたずら書きをしたりすると顔料が染み込んで落ちなくなってしまいます。また、年数が経つにつれて日焼けで褪色したり、板が反ってきたりといった劣化も発生します。こんな時、畳であれば畳替えをするだけで済むのですが、フローリングの床材をそっくり張り替えるとなると大変な費用がかかります。そのため、できるだけ寿命を長持ちさせる工夫が必要になります。そこで役に立つのが、フロアコーティングです。

掃除の手間も省ける

フロアコーティングは、フローリングの床にコーティング剤を塗布し、耐久性を高めたり、美観を保ったりする工事です。リフォーム工事の1つに数えられており、多くの企業や工務店等が施工を手がけています。コーティング剤は乾くと無色透明になり、フローリングの持つ美観はそのまま保たれます。それでいて衝撃や水気などに対する耐性がむき出しの場合と比べて飛躍的に高くなり、紫外線にも強くなります。また、フロアコーティングを行うことでワックスがけが不要になる、スチームモップが使えるなど、日常のお掃除を楽にすることもできるようになります。フロアコーティングを依頼する場合に気をつけることは、予算と効果の兼ね合いです。コーティング剤にはガラス・シリコン・ウレタン・アクリルなどいろいろな種類があり、基本的には高価なものほど効果が長持ちします。